写真から練習【人物画】行程・技法

写真から練習|人物画|技法・ポイント
写真から練習【人物画】行程・技法

写真から練習【人物画】行程・技法

写真からの練習、油絵を使っての人物画の制作技法・行程やポイントを紹介します。

作画行程と、練習における
課題点、ポイントを明確に
することが大切です!

写真から練習【人物画】行程・技法

一枚につき2時間程度の時間で描いています。

技法研究実例|油絵人物画1

写真から映画女優(ジェニファー・コネリー)を油絵を使って、
クイックタッチ(ウェット・イン・ウェット)で描いてみました。
 
練習技法として一度乾燥させた後に、一度だけ重ね塗り(ウェット・オーバー・ドライ)しました。
 
透明色をグレーズするのではなく、不透明色を若干ポイントで乗せました。
今回は似せる必要はないのですが、構造的に作品に説得力を持たせることは大切です。
 
結局、不透明色があまり綺麗に乗らなかったなどの課題は色々残りましたが、
この習作はこれ以上は追求しません。
 

技法研究実例|油絵人物画1
技法研究実例|油絵人物画1

技法研究実例|油絵人物画2

こちらも写真から女優の岡本綾さんをモデルに人物画を作画しました。
 
似顔絵ではないので、こちらも似せることには固執していません。
 
こちらの練習作品もガッツリの肖像画というよりは、油彩スケッチなので、この程度で終了。
 
この作品の技法も先程の作品と同様に、一度乾燥させてからのウェット・オーバー・ドライをしております。
 
技法、行程含め、作品1とほぼ同じです。
 

技法研究実例|油絵人物画2
技法研究実例|油絵人物画2

技法研究実例|油絵人物画3

同様に写真から女優の石原さとみさんです。
かなり似顔絵寄りの誇張をしております。
 
技法として写真からトレースして描く有名画家にもいらっしゃいますが、
私自身は、写真の様に正確に描くタイプでは無いのでその手法は取りません。
 
トレースはそっくりに描くには有効で、時間短縮にもなりますので良い面も沢山あります。
 
実際、トレースで描く為の技法書などもあり、初心者の方でも驚くほど上手に描ける手段の一つです。
 
ただ、トレースだと良くも悪くも無機的になるので、使い分けはした方が良いかと思います。
 
こちらも2時間程で一旦終了です。
 

技法研究実例|油絵人物画3
技法研究実例|油絵人物画3

【油絵肖像画の技法】参考記事

油絵肖像画の技法に関しては、下記の記事を併せてお読みいただければと思います。

写真から人物画|制作技法のポイント

油絵人物画制作の行程について

個人的には、ディテールを追って写真からリアルに仕上げる感じの作風は追及していないので、
代わりに、光のバランスを追っかける感じになります。
 
また最近は最初の段階から、
技法的にも切れの良い筆捌きでかっこよく残す部分も意識して作画しています。
 
今回の記事では練習ということもあり、
余りの絵の具を使ったり、油も粘度の高いものを中心に描きました。
 
キチンとした作品作りにおいては、下書き等々、絵を描く前の準備もとても大切です。
 
同時に、技法を勉強し数枚を描くことや様々なアプローチで練習することも大切です。
 

『行程比較写真』油絵人物画制作

ハードルは高いですが頭の中のイメージを
作品として完全に再現出来る様にすることを目標にしましょう。

油絵人物画制作の行程1
油絵人物画制作の行程1
油絵人物画制作の行程2
油絵人物画制作の行程2
油絵人物画制作の行程3
油絵人物画制作の行程3

『制作行程動画』油絵人物画

こちらのyoutubeリンクから『祈っている女性』油絵での描き始めからの行程が見られます。
 
途中何枚かの作品に触れています。続きが、次の5月27日の動画になります。
 
実験的なライブ配信なので、雑談など交えて、散漫な内容となっていますがご容赦下さい。

※下記の2動画はyoutube説明欄のトップにこの記事のURLを貼っています。

1・https://youtu.be/TzA2qOnnX38
2・https://youtu.be/fLm2Cft8WvA

別タブで開きますが、そちらからもこの記事に戻る事が出来ます。

こちらが続きの動画になります。

続きの動画になります。

まとめ|写真から人物画を描く

似顔絵、肖像画、人物画の違いは?

普段はの仕事ではプロの似顔絵師、肖像画家として、
写真からでも人の表情を描き分けることを必至としています。
 
しかし、特に人物画の場合、特定の人物を描かないというのも別のアプローチとして有効です。
 
例えばよく人物画のタイトルに「婦人像」とか「少女の横顔」の様な
特定の人物を意図しないタイトルを付けているのを見ることでも、その違いが分かります。
 

似顔絵、肖像画はその名の通り、似せることが一番大切で、
人物画の場合は必ずしもそこが大切ではないということです。

 
肖像画に限って言えば、一般的には写真の様に似てる絵なので、
技法的にもあまり誇張やデフォルメはせずに正確に描く必要があるのかもしれません。
 
似顔絵や肖像画というジャンルは、その描き分ける技術や技術だけでも相当に奥が深いのです。
 
私自身は、印象派の画家が描く肖像画の様に、
多少デフォルメされていたり、アーティストの感性に寄った表現が好きです。
 
私の場合は、似顔絵と肖像画の両方を追求してきたことが、
人物画を描く上での表現の幅に繋がっていると思います。
 

似顔絵と肖像画の両方を追求した人物画を
似顔絵と肖像画の両方を追求した人物画を

ご注文に関して

2022年6月現在、肖像画は『水彩画』と『デジタル画』を主力商品としています。
 
油絵肖像画のご依頼に関しては、下記のページを参考の上、ご相談頂ければと思います。

カリカチュア似顔絵と肖像画の注文

あとりえマロン【公式LINE】

【お知らせ】
 
あとりえマロン公式LINEアカウントに友だち追加頂くことで、お得な特典や情報に加えて、LINEを使ってのやり取りも簡単に出来る様になり大変便利です。
 
※友だち追加は、LINEのホーム画面から+ボタンをタップして、友だち追加のページに行き、
 
QRコードを読み込むか、コピーした公式IDの @742cajzi を検索して下さい。

宜しくお願いします!

「あとりえマロン」の
ブックマークもお忘れなく

この記事、よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!