ルノワールの模写|初心者にもおすすめの練習方法

模写ルノワール
ルノワールの模写|初心者にもおすすめの練習方法

ルノワールの模写|初心者にもおすすめの練習方法

今回は印象派の巨匠・ルノワールの肖像画を模写してみました。
本物は油絵ですが、今回はデジタルペイントでの作画です。
 
巨匠の作品なので、普通に油絵で模写するのは大変難しいですが、
デジタルソフトを使用することで一気に、初心者の方にも描けちゃう?練習方法となります。 

私の今回の模写の目的は、
光のイメージや色のバランスなどを探る事です。

初心者の方から、
それぞれの段階に応じて練習出来る方法です。
 
参考にしてみてくださいね。

ルノワールの模写|初心者にもおすすめの練習方法とは?

目的を明確に

今回、初心者の方にもおすすめの練習方法として紹介する作品は、
2018年に模写した2枚のルノワールです。
 
言わずと知れた印象派の巨匠であります。
 
中でも私の好きな、特に光の印象が美しい2作品を選びました。
 
模写をする際は、
モチベーションの上がる作品を選ぶことと、目的をしっかりと持つことが大切です。

使用した画材(ソフト)

本格的に模写するのであれば、色の重ね方なども意識して、同じ画材にするのがベストです。
 
一方で、やり直しの利く上に様々な効果も試せるデジタルでの作画は、
初心者にも挑戦しやすいうえに、目的を明確にした際の練習方法としては向いています。
 
この敷居の低さがデジタルツールの良い面でもあり、
特に初心者の方のペイントソフトのスキルアップの練習にもなります。
 
尚、今回使用したソフトは定番のPhotoshopです。

Photoshopでは、原画の写真と自分の描いている作品を同じ画面内に配置して
見比べながら制作することが出来ます。
 
なので、初心者であっても、比較や違っている部分を探すことが容易です。
また、スポイト機能を使って色も抽出できます。
 
私は余り多用しない様に心掛けてはいますが、大変便利な機能です。
 
この色は?という時の感覚の訓練にも便利ですが、私の場合は、
それを実際の絵具で同じように再現するという目的を忘れない様にしなければなりません。
 
また、私はそのまま直接目で見て描いていきますが、
トレースの様な事も可能なので、模写の目的に合わせて使い分けるというのもありです。
 
正確に形を取るのも模写の効果的な練習なので、例えばトレースしたものと、目で見て同じように描く練習と、両方やってみるのも初心者にはおすすめの練習方法です。
 
注意点としては、トレースだと正確ですが無機質になりがちです。
画家として感情までを表現する場合は、目で見て正確に描けることも大切だと思います。

模写の練習で意識した点

  • 明と暗のバランス
  • 主色と補色(対比色)の配置
  • ルノワールの筆の癖
  • よく使う手法
  • 全体の色彩のバランス
  • ディテールと省略のバランス

ルノワール模写作品1|初心者にもおすすめの練習方法

陽光のなかの裸婦

ルノワールの油絵肖像画代表作の一つ「陽光のなかの裸婦」を模写をしてみました。
 
オルセー美術館蔵の作品ですが、昔、倉敷の大原美術館で見ました。
常設っぽく、普通に展示しておりましたが、なぜかは不明です。
 
因みに、地方の美術館は空いている事が多く、美術鑑賞にはとても良い雰囲気で好きですね。
 
東京の美術館は混んでいることが多いので、個人的にはあまり行くことがないです。
入場制限なども面倒に感じてしまいます。
 

ルノワールの模写「陽光のなかの裸婦」
ルノワールの模写「陽光のなかの裸婦」

肌の影の部分は背景に使った色を形に合わせて乗せてみました。
 
顔の部分などは独特の省略や、筆遣いにセンスを感じました。
 
こういった自分に全くない部分などもとても勉強になります。
背景は似せていますが、あまり正確ではありません。
 
実物はもっと筆の勢いを残した感じで複雑に表現されていると思います。

模写練習のポイント

今回の模写の練習方法のポイントは、肌に落ちた木漏れ日の表現を構造的に確認する事。
 
という事で、元のイメージよりも、若干ですがロジカルにクッキリとさせてみました。
 
構造を明快に理解して表現することは、非常に大切です。
それが出来て、初めて省略やオリジナルの表現に繋がります。

ルノワール模写作品2|初心者にもおすすめの練習方法

読書する女性

次に模写の練習で紹介するのは
若い頃に好きだった人物肖像画作品として心に残っている『読書する女性』です。
 
ルノワールらしい、色を使いつつ、全体のバランスやセンスなども、
模写の練習をしながら、体感出来たのが良かったです。

ルノワールの模写『読書する女性』
ルノワールの模写『読書する女性』

模写練習のポイント

模写練習のポイントとして、暗部の色は、背景に使っている色を主に使っています。
 
こうすると画面全体が馴染むので、ビビットな色を使っても全体のバランスがとりやすいのです。

その後、模写した作品をSNS等に投稿しました。
 
ペイントソフトでは発色は明度は低いながらも落ち着いた趣でしたが、
投稿した作品を見ると、明らかに発色が悪い気もします。
 
デジタル作品では、SNS等に投稿した際に色のバランスが変わる事は、経験上よくあります。
 
もちろん原画を知らないので、想像の域を超えませんが、
個人的な好みで、もう少し明るく表現したい感じです。

作品の画像調整

そこで彩度を上げて調整して再アップしました。こういう場合はデジタル作品はとても便利です。
 
ここで初心者の方が気をつけないといけないのが、再調整時にやり過ぎると
過度に違和感のある調整になってアップされるので、ここは注意が必要です。
 
私の元々のイメージや印象を優先して、この様な色合いで調整しました。
 
色を華やかにすると、トーンがバラバラになりがちなので、特に初心者の方には難しいのですが、
デジタル作品の場合は、魔法の様にその辺りの処理が簡単に何度でも試せます。
 
その容易さがデジタルツールの良い面でもあり、これも含めてスキルということかと思います。 

ルノワールの模写|画像調整
ルノワールの模写|画像調整

最初にアップした作品と比べると、随分と華やかに感じますね。
個人的にはこちらの光の感じ、色使いが好みなのですがいかがでしょうか?

模写で初心者にもおすすめの練習方法まとめ

まとめ1|模写の練習方法

ルノワールは印象派の作家なので、油絵の技法としては、古典技法と根本的に違います。
 
基本的には
ウェットインウェット(絵の具の乾かないうちにどんどんと色を置いていく技法)で描いてます。
 
天分の趣くままに、感覚を筆に乗せて描く感覚と、特に優しい光の表現が実に上手いですね。
その辺りのセンスを模写で体感するのが今回の目的の一つでもありました。
 
実際に描いてみると、感覚的な筆使いはその通りなんですが、相当細かいところにまで目が行っており、さらっと洒脱に描いているようでありながら、相当に深く掘り下げて考えつつ、筆は伸びやか。随所に神経が行っているのが分かります。
 
さすが、巨匠だけの事はあるなという印象でした。
 
さらにデジタルには無い実際のマチエール(質感)の魅力も原画にはあるので、
それも含めて、今後の良い目標の一つになりました。

まとめ2|模写の練習方法

私は、模写は効果的な練習方法として以前から初心者の方にもお勧めしています。
 
模写という行為はあまり頭を使わない無心に近い状態ながら、
手だけは感覚に任せて動かす時間が多いです。
 
つまり正解が目の前にあって、
それと同じように描こうとしても簡単にはその通りにはならない所に学びやヒントが多いのです。
 
その差異に着眼し、差を埋めることで
初心者の方でも一気に技術レベルが上がる事も珍しくありません。
 
模写ばかりしていると、自分が上手くなったような錯覚にさえ陥りますがそれでいいのです。
 
誰もが最初は真似から入るのですから、
モノマネ名人で終わらず継続する事が名人になるという事でしょう。
 
私の場合も、お客様のご依頼の仕事などでは模写の様な練習や挑戦をするわけにいかないので、
半分リラックスしながら勉強出来る模写は、定期的に取り入れてみたいと思います。
 
皆さんも是非、模写に挑戦してみてください。勉強になるし楽しいですよ!

カリカチュア似顔絵と肖像画の注文

あとりえマロン【公式LINE】

【お知らせ】
 
あとりえマロン公式LINEアカウントに友だち追加頂くことで、お得な特典や情報に加えて、LINEを使ってのやり取りも簡単に出来る様になり大変便利です。
 
※友だち追加は、LINEのホーム画面から+ボタンをタップして、友だち追加のページに行き、
 
QRコードを読み込むか、または、公式IDの @742cajzi をコピーして検索して下さい。

宜しくお願いします!

「あとりえマロン」の
ブックマークもお忘れなく

この記事、よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!