マスク着用の写真から似顔絵は描けるのか?

マスク着用の写真から似顔絵は描けるのか?

この記事は似顔絵師のブログ記事なので、今回は似顔絵マスクの関係を考察したいと思います。
 
ある意味でセンシティブな話題ですが、同時に私としては避けては通れない話題でもあります。
なので、ある程度の覚悟を持って記事にしています。最後にその辺りに関しても少し触れています。

マスクが当たり前の時代に似顔絵は成立する?

写真から似顔絵、現状把握から

この2年程の間にすっかりマスクが生活に定着してしまいましたよね。そこで似顔絵師の観点から、マスクが当たり前の世の中でも、似顔絵の仕事は成立するのかとまじめに考えてみた次第です。

マスク着用の写真は今後増える一方か?

2022年の今では外出時はもちろんの事、人と会う時は常にマスクというのが常識という方も多いかと思います。
 
なので結果的に、最近は写真もマスクを着用している顔しか持っていないという人も伴って増えています。
マスク生活が定着して、他人に素顔を見せるのが恥ずかしい人も若い世代を中心に多いですよね!
 
現在までの似顔絵のご注文の中にも、マスクしていて更にプリクラで加工されたお写真を送ってこられるお客様もいらっしゃいました。そういったお客様の中でも、今のところはまだマスクしていない顔写真が一枚もないという方はいらっしゃらないです。
 
しかし、もしかしたら既に、マスクした顔の写真しかないので、カリカチュア似顔絵の依頼を断念したという方も一定数いらっしゃるのかもしれません。
 
実際に私の場合はご新規様の注文は昨年あたりから減っており、リピーター様中心のご依頼になっています。

写真から似顔絵を描く場合の似顔絵師の頭の中は?

何枚かある写真を、頭の中で再合成出来ることが私の似顔絵制作における売りの一つです。
 
写真は一枚だけだと偏った情報しかない事もあります。
なので別確度からの表情、違う表情など、何枚かその方の写真があると要は参考になるデータ量が増えるわけです。
 
それらを再合成するのは、理屈や理論というよりは私の頭の中での感覚に近いものですが、かなりの精度で再現可能です。
なので、通常の似顔絵制作の場合は、お写真がご心配な難しいケースでも再現出来ると思います。
 
そこは私が一番得意な分野かと思いますのでお気軽にお問合せ下さい。

実際にマスク着用の写真から似顔絵は描けるのか?

似顔絵とマスクについて
カリカチュア似顔絵はマスク姿でも描けるのか?

今回の記事で伝えたいことの一つに、最大限、今迄の経験とノウハウを使って対応しますので
適切な写真が無い場合も諦めないで欲しいケースもあるということです。
 
ただ、マスクのみのお写真の場合は、どうしても私の頭の中の顔のデータベースを基に想像するしかないのも事実です。そして、その際の解決法は大きく2つ考えられます。

解決案1:マスク着用姿のまま描く。

なんだ、そのまま?そんなこと?と思われるかもしれませんが、
目元や髪型など、仮にマスクしていてもその人らしい特徴はありますので、素直にそのままマスク姿で描くというのも一つの解決法です。
 
つまり、マスクした顔のままの似顔絵でも、私が無駄にこだわっているだけの場合があり、一番大切な事はお客様側でご満足頂ければいいというものです。実際にマスク姿で描いた似顔絵も既に多く見られます。
 
私の場合は、写実的な似顔絵も得意なので、マスクで見えない表情からもその人の雰囲気を引き出すカリカチュア似顔絵に仕上げる事は可能ですし、そこが腕の見せ所でもあるかと思います。

解決案2:下絵を確認してもらう。

マスクで表情を隠れている場合に、マスク無しの顔を描くとなるとこれは私が想像するしかありません。
可能であれば、何枚かお写真を頂ければ多少は参考になるかとは思いますが、想像の域を出ません。
 
しかし、多分この様な顔ではないかという想像は過去の経験やデータベースから概ねつくものです。
 
なので、下書き(ラフ)の段階で、ご依頼者様に確認頂いて、違いがあれば修正するという形になるかと思います。
 
これはマスクの有無に関わらず、今でもご希望があればお客様とのやり取りの中で下絵は確認頂いているものですので、仮にマスク着用の場合であっても、今後こういった形で対応出来るかと思います。
 
結論としては、マスク姿でそのまま描くという解決案1と併せて、検討頂ければと思います。
まずはマスク姿で描く解決案を前提として、何かの事情でマスクの無い素顔の似顔絵をご希望の場合にご相談頂ければと思います。
 
私としてはいずれにせよ、楽しい作品に仕上げてお客様やプレゼントされる方に喜んで頂けるのが一番大切と考えています。

解決案3:あとりえマロンでの裏技を特別に紹介!

マスクを着用した顔というのは、表情を隠すという以外に、マスク自体の表情が強調されることも同時にあります。
 
特に、折りのあるマスクですと、その折りが『への字』だった場合、折角笑っているお写真でも不機嫌に見えてしまいます。なので、その様な先入観を取り除くことも大切です。
 
写真のマスクの部分を隠すのも簡単で有効かもしれませんが、その場合に私なら、

画像処理ソフトでマスク部分をプレーンに隠したり、更にその上に想像上の下絵を描いてみたりと、自分なりの試行錯誤で出来る限りの可能性を引き出すようにしています。

作画する上での一番のポイントして
マスクの有無が作品のイメージを大きく左右しない様に制作します。
 
マスクは確かに似顔絵にとっては特徴を減らすデメリットにはなるのですが、そこをデメリットととらえるのではなくて、一つの表情として私が上書きして表現出来ればと言ったところです。
 
上手くニュアンスが伝わったでしょうか?

マスク当たり前の時代の「似顔絵通販」で変わること

マスクが表情の魅力を隠しているのは間違いない

先程触れたように、私自身はプロの似顔絵師でもあり、マスク姿であっても表情を再構築することで楽しい似顔絵に仕上げる所存です。
 
しかしこの記事を読んでいる方の中にも、マスクをする事で相手の表情が分からないためにコミュニケーションが取りづらいと言った経験は少なからずあるかと思います。
 
少し衝撃だったのはクラスのお友達の似顔絵を壁一面に貼りだしている画像をTwitterで見かけたのですが、全ての似顔絵がマスク姿でした。正直に言いますとその画像は相当に異様な雰囲気でした。
 
やはり口元の隠れた顔は眼だけが強調された顔の似顔絵は違和感があります。
同時にマスクが表情の魅力を隠しているのは間違いないと確信した次第です。
 
逆に言いますとマスクをしていない素顔の価値は代えがたいという事でもあります。

似顔絵やカリカチュア自体がオワコンになる可能性は?

この記事を書いている今は4月になり新学期も始まりました。
私としては悲しい事ですが、登校中の近所の小学生もマスクを徹底されています。
 
新しいお友達の顔を知らない世代にとって顔という情報の価値は我々とは違うものになるかもしれません。
 
時の積み重ねの方向を簡単には切り替える事は難しいので、この傾向は今後更に進むと考えています。
 
お友達の素顔を見たいという好奇心はある様ですが、顔を隠したい心理の子供を見ていると、笑顔でお友達と一緒の機会などもほとんどない子供も全国で多いわけです。
 
また、大人の社会を見ても一部に景気の良い方が目立ちますが、目立たない多くの方は生活で手一杯という感じで経済的にも厳しい状況かと思います。
 
コ〇ナ以外にも戦争の影響もあり、これから本格的な大不況になる可能性も高く、世の中を見ても正直なところ以前と比べて明るさがありませんよね。
 
なので、ニーズとしては明らかに似顔絵業界は今迄とは変化していくと思います。
 
しかし、アートが無くなった時代はありませんので、生活必需品とは意味合いは違いますが、人が生きていくうえで大切な役割を果たすものなのは同時に間違いありません。

生きる希望に繋がる力

少し話が飛躍しますが、地獄をも超える環境であるアウシュビッツ強制収容所の記録である「夜と霧」(ヴィクトール・フランクル著)のなかから一つのエピソードをご紹介します。
 
それは明日をも知れぬ囚人が、極寒の中で全員がその美しさに心を打たれてむさぼる様に食い入る様に夕日を眺めていたというエピソードです。そして皆が一様に夕焼けを見た瞬間に思わず口にした言葉「世界はどうしてこんなに美しいんだ」というその言葉が示唆する事。
 
そこから人にとって、美しいものに触れる事は生きる気力や希望に繋がる力が実際にあると知る事が出来ます。
 
なので、今迄に似顔絵やカリカチュアが果たしていた役割の一部はオワコンになる可能性は高いものの、
逆に言えばアートへのニーズとして形を変えたご提案が今後は必要になるということでもあるのです。

マスク当たり前時代の『似顔絵』における価値の再提案

素顔の価値の再提案

以上の2点を踏まえて、私の立場で出来る事として、今後は素顔の価値を改めて提案する必要があるかと思います。
 
今後の社会では、元の顔をよく知らない人間関係が当たり前になっても不思議ではないですし、学校でも特に女の子は恥ずかしがって絶対にマスクを取らない様なので、クラスのお友達の顔をちゃんと見たことが無い、といったことも私の子供の学校ですらその様な感じになっています。
 
これからの時代、テレビやネットの中以外に、他人の素顔を見る機会はどんどん減っていく可能性はあります。
 
そんな中で顔という一番の個性を描き分けられる仕事自体をこの先どこまで魅力的に感じてもらえるか。
 
一方で今では無料アプリなどでも自分のアバターを簡単に作成できるので、自分というものがオンラインの中でアバター化していくとなると、顔の持つ個性や似顔絵、カリカチュアなどがどんどん必要なくなっていくと思います。
 
これは極論かもしれませんが、しかし、しかしです!
だからこそ、似顔絵はマスクのない素敵な笑顔という、逆手に取った価値観を今後は更にご提案出来ると思います。

内面の価値の提案

別の角度からの提案も可能かと思います。似顔絵やカリカチュアは人物を描き分ける絵ですが、一方で広義の人物画の場合は、私の中では内面を描く事に重点を置いています。
 
つまり、似顔絵の場合は、マスクの問題はかなり大きな要素として左右するわけですが、私が人物を描く場合において、究極的にはマスクをしているしていないではなく、内面を描きたいわけです。
 
それは似顔絵ではないですが、私の中では新しい表現の可能性に繋がっているという事です。
そこに今後の仕事の方向性も含めたヒントがある様に思います。
 
私は癒しの肖像画として水彩画を描く理由もそこにあります。
カリカチュア似顔絵=楽しいだけではない私オリジナルの世界を、時代の流れとともに確立していきたいのです。

余談|マスクについて似顔絵師、個人としてのスタンス

楽しい明るいカリカチュアスタイルの似顔絵、と、コ〇ナ関係などの社会問題とはやっぱり水と油です。
コ〇ナ関係の話題に関しては別の場所で、この2年で問題提起の発言を相当にしてきました。
 
しかし、仮にホームページ上でその様な考えを少しでも出したならお客様の折角の楽しい気分も醒めてしまうでしょう。同時に、私が「そろそろ子どものマスクを外してあげよう!」などと発言しているのがお客様の目に留まった場合、今の日本では危険人物と思われ敬遠されるリスクは多分にありますし、実際に今迄もありました。
 
似顔絵師としては楽しい世界観を感じて頂きたいので
正直なところ、特にホームページやブログ等では極力コ〇ナ関連の話題は避けたいところです。
 
本来であれば仕事と、センシティブな社会活動はしっかりと区別したいのですが、私もそろそろ限界です。なので逆に明確な私のスタンスを仕事をする上でも周知してもらう方が今後の為にはいいのかもしれないと、昨年より考えを変えていっている次第です。
 
例えばですがそうすれば、出張似顔絵は素顔でお伺いします!みたいな事も書けるわけですね!

私のこの2年間のスタンスについて

今回のコ〇ナ騒動は最初の報道から違和感がありましたが、それが完全な確信に変わったのは2020年の2月の終わり頃なので、比較的早い段階からそういう視点で今回の騒動には強い疑問を感じつつ報道を見ていました。
 
そしてその違和感や疑問を2020年の4月位から少しずつSNSで発信していきました。
当時はなんだかんだで2割位の人は違和感や疑問を持っているかと思っていましたが、私は1000人に1人以下の変人だったと後で痛感することになります。
 
最近は社会活動を通じて、全国に同じ考えの知り合いが出来たもののそれでも現在進行形でマイノリティです。
 
という事で私個人は色々とマスクについての持論はありますが、これに関して発信するとビジネス的にはマイナスしかないので今迄は仕事上ではそういった事には極力触れていません。
 
しかし、繰り返しになりますが、2年以上が経過した今に至っては寧ろ、仕事関係の場であっても公開していくのも有りかと思います。そろそろ自分はこういう考えを持った人間ですともっと普通に公表してもいい時期ではないでしょうか?
 
2面を使い分けられるほど器用ではないですし、私自身は昔からマスクしている方への差別感情はありません。
逆に私が周りからは偏見を持って見られたり接せられた経験はもちろんあります。
 
ずっと良好な関係を保っていたリピーター様からも詳細は伏せますが、率直に感じたのは私への完全なる人格否定ですが、日本中の至る場所で似た様な事が起きていると考えると、相当人間関係が根底から崩れるところに来ているなという感じがしています。
 
私個人はマスクを外す社会の方が今後の日本人全体にとって遥かに有益と考えています。
 
これも繰り返しになりますが、究極的にはマスクをするしないは子供も含めて個人の選択であり、それによって相手を差別する様な事は少なくとも私は考えていません。
 
それぞれの立場で考え方も事情もソースも判断も行動も違うので、何が正解かは個人個人違うと思っています。
見ている世界も体験する事柄も、同じ場所に入る様で全く個人個人で違いますし、与えられた使命も当然違います。
 
社会活動している方の中にはその想いと危機感から主張の強い方もいますが、私はどちらかと言うと逆で、世間から今後どう受け入れてもらおうかという考えです。つまり、現状ではあくまでも一般の多くの方からは、バイオテロリストであり偏った考えの少数派というのが私が自覚している自分の社会的な立ち位置です。
 
SNSは情報が極端に偏りますので、私の周りには私と似た思考の人しか集まりません。
敢えて言えばアーティストという仕事の良かった点は、マイノリティの考え方や変わった性格なのを比較的寛容に受け一般の方に入れてもらえる事です。
 
地元の人達との交流もここ2年程途絶えておりましたが、昨年末位より徐々に回復しつつあり、これも嬉しい事です。

私の考え方のベースとなるもの

例えが適切かどうかは分かりませんが、先程の話はマイノリティーの例えば性同一障害の人がそれで苦しんでいてカミングアウトすることで一気にそこから自分らしく生きられるようになったという感じの展開を私自身にも期待してのことです。
 
もちろん、そんなに世の中というものは都合よくも甘くはないのは重々承知ですが、このまま正直な気持ちと仕事上の対応とを上手く取っていこうとするよりは、私がこういう考えの人物という事を認知して頂いた上で、社会人として受け入れて頂く方が今後は良い気がします。
 
結果的に今以上に世の中から相手にされなくなる可能性の方が遥かに高いですが、ある意味ここまで長期になると達観と言いますか、その時はその時で仕方がないかとも考えています。
 
ちなみに自分の父が他界した歳に残り1年となりました。まずはそこまでを私の人生の一区切りと考えているので、それまでに少しでも良い可能性のある生き方をしてみたいというのもあります。その時点になってまだ何か残されたものがあり継続して人生を続けられれば幸いだしダメな時は潔く人生の全てを諦めようと考えています。

マスクの着用について動画が示唆する可能性

特に4月以降はたまたまかも知れませんがインフルエンサーのyoutuberなども、マスク着用せずの素顔でのロケが目立つ様になりました。彼らは時代の空気その他には非常に敏感でyoutubeの規約違反などにも慎重に対応されます。
一方で時代を引っ張る側として、マスク着用しないで街中を話しながら歩く姿を動画を通じて見せる事で、もうそろそろいいんじゃないですか?という提案を暗に行動で示してくれている様な気もします。
 
また、添付の動画はドコモが公式に出している動画なので、既に延べ1100万人以上が視聴しています。
2020年は勿論の事、2021年でもこの様な内容をこの様な大企業が出す事で不謹慎だと大バッシングにつながった可能性があります。企業はイメージをとても大切にします。同時に時代の空気にも敏感です。これらの制作に関わる広告代理店はそれらの全てを理解した上で、この様な未来への可能性を示唆した意味は大きいのではないかと思います。

あわせて読みたい
- YouTube YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たã...

まとめ

今の世の中をみていると私の印象では、表情を見せ合わない人間関係のせいもあり、外出しずらい仕組みや、イベントもことごとく中止という中で、その中で仕事も制限され、不況で苦しい、というのがある意味当然ではないかと思うのです。
 
つまり私自身は明るい社会のイメージや希望が湧かないのです。
 
むしろこの時代に補助金や、上手くネットビジネスなどで儲けている人もいらっしゃるみたいですが、私自身は強がりではなく、非常な違和感を感じてしまいます。
 
どうせなら同じ痛みにはならないかもしれませんがアーティストとしての自分は、自分が感じている社会の暗い部分にも内面から共感していきたいのはあります。
 
この時代に生きているものとしてのリアリティはそちら側にあると考えていますので。
 
そしてフランクルの話ではないですが、そういった暗い社会に光や希望を持てるような作品を今後一枚でも多く描ければと考えています。

最後までお読みいただきありがとうございました。
 
最後は少し重たい内容になってしまいましたが、個人的には皆さんにカミングアウトすることで前向きに良い仕事が出来ればと言った想いを込めたつもりです。
 
作品のご依頼も是非お待ちしております!


この記事、よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!